ページ先頭

蓬左文庫タイトルロゴ

外部リンク:蓬左文庫フェイスブックページ

本文開始

展示案内


ぶらり浮世絵散歩

平成28年4月16日(土)から5月29日(日)

春季特別展
ぶらり浮世絵散歩-平木名品コレクション-

会場
蓬左文庫 展示室1・2
実業家・故平木信二氏が蒐集した浮世絵版画から、初期浮世絵と役者絵を中心として、浮世絵の魅力を紹介します。

展示の詳細案内

平木コレクションは、リッカーミシン創業者である実業家・故平木信二氏(1910~1971)が蒐集した浮世絵版画で、世界的にその名で知られた三原コレクションと斎藤コレクションとを合わせたものに、自身が蒐集した多くの版画を加え集大成したものです。重要文化財・重要美術品が249点も含まれ、質の高さは国内外に知られています。写楽や北斎、広重、国芳とその名をとどろかせた浮世絵巨匠たちの作品が勢揃いしますが、平木コレクションの一つの特色は初期作品が充実している点で、本展覧会でも菱川師宣【ひしかわもろのぶ】や鳥居清信【とりいきよのぶ】をはじめとする初期の名品が多く出陳されます。初期作品の充実に加え、所蔵数が6000点にも及ぶ平木コレクションは、一つのコレクションで浮世絵の歴史を展観する事が出来ます。本展でも、初期につづき各時代の名品が勢揃いし、歴史を辿ることができます。中期では、明和期(1764~72)に、多色摺版画「錦絵」完成の先駆的役割を果たした鈴木春信【すずきはるのぶ】、現実感溢れる美人画を描く磯田湖龍斎【いそだこりゅうさい】(1735~歿年未詳)、役者の個性までも力強く映しだす勝川春章【かつかわしゅんしょう】(1726~92)、強烈な個性が競い合った十八世紀後期の黄金期では、八頭身の理想的美人像を創り出した鳥居清長【とりいきよなが】(1752~1815)、浮世絵界きっての美人画の名手喜多川歌麿(1753頃~1806)、演者の素顔までも見透かした役者絵を描いた東洲斎写楽(生歿年未詳)、そして幕末に浮世絵風景画を大成させて、世界に浮世絵の芸術性を広めることとなった葛飾北斎【かつしかほくさい】と歌川広重【うたがわひろしげ】の名品を紹介いたします。

蓬左文庫 展示スケジュール表ダウンロード

平成28年度の展示スケジュールが決まりました。
展示の詳細は決定次第順次お知らせしていきます。

平成28年度の展示スケジュール:PDFファイル(544KB)

Get_Adobe_Readerへリンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧になるにはアクロバットリーダーが必要です。
右のアイコンをクリックしてソフトをダウンロード(無償)してください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

本文終了

ページの先頭へ戻る

フッタ開始

このサイトに関するお問合せ

名古屋市蓬左文庫
〒461-0023名古屋市東区徳川町1001番地
電話番号:052-935-2173/ファックス番号:052-935-2174/電子メールアドレス:info@housa.city.nagoya.jp

応対時間:火曜日から日曜日(月曜祝日の翌火曜日を除く)、祝日の月曜の午前9時から午後5時30分まで。

メールでのお問合せの回答には時間がかかることがあります。お急ぎの方は電話かファックスでお問合せください。
なお、すべてのお問い合わせに回答できない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

Copyright © 2005 Hosa Library, City of Nagoya All rights reserved.

ページ終了ページの先頭へ戻る