ページ先頭

蓬左文庫タイトルロゴ

外部リンク:蓬左文庫フェイスブックページ

蓬左文庫アーカイブズ

所蔵資料の画像データ、翻刻テキスト、研究成果などを随時公開します。

蔵書目録

蓬左文庫の蔵書目録をPDFで見ることができます。

図録

図録の内容をPDFで見ることができます。

『蓬左』刊行誌

『蓬左』は蓬左文庫が刊行するパンフレットです。

最新号のご紹介

『蓬左』第97号

『蓬左』第97号(PDFファイル:1.74MB)
2019年6月刊行
権力と本
展示室1・2:夏季特別展「合戦図-もののふたちの勇姿を描く-」
『青窓紀聞』の世界
徳川光国書状
表紙:徳川光国書状

過去の刊行誌はこちら

『青窓紀聞』全文翻刻と画像データ

『青窓紀聞』は尾張藩大道寺家の用人・水野正信が、江戸時代後期から明治初年まで、約50年にわたって名古屋城下のできごとや異国船の情報、尾張藩の政情など書き留めた全204冊にわたる記録です。巻一は次巻のため、巻二が第一冊になります。
※文化庁文化遺産総合活用推進事業により作成しました。

『青窓紀聞』目次

『青窓紀聞』は文化11年(1814)から明治元年(1867)までの54年間の記録で、全204冊。ペリーが来航した嘉永6年(1853)以降は、一年に何冊もの記録が残されるので、各巻の収録年代を示すとともに、各巻の記載内容を概観できるよう目次を作成しました。
※文化庁文化遺産総合活用推進事業により作成しました。

「幕末維新書簡集」内訳目録

蓬左文庫が所蔵する、幕末維新期の書簡史料の内訳目録です。これらの書簡は、尾張藩の奥御儒者を務めた水野彦三郎のもとに伝わったもので、藩政の動向を知るうえで貴重な一次史料といえます。なお、これらの書簡史料はすべて、閲覧室にて紙焼本を公開しています。
※文化庁文化遺産総合活用推進事業により作成しました。

名古屋市蓬左文庫所蔵資料目録(1)

上記の『青窓紀聞』目次、「幕末維新書簡集」内訳目録、解題・凡例をまとめて冊子印刷することができます。

東寺町の成立と変遷

名古屋城下の東部に位置する寺社地(東寺町)に所在する寺院の来歴や現状を、実地調査を踏まえて作成した調査報告書です。
※文化庁文化遺産総合活用推進事業により作成しました。

※蓬左文庫資料の画像を出版物への掲載等に利用される場合は、特別利用申請が必要になります。必ず蓬左文庫までお問い合わせください。

本文終了

ページの先頭へ戻る

フッタ開始

このサイトに関するお問合せ

名古屋市蓬左文庫
〒461-0023名古屋市東区徳川町1001番地
電話番号:052-935-2173/ファックス番号:052-935-2174/電子メールアドレス:info@housa.city.nagoya.jp

応対時間:火曜日から日曜日(月曜祝日の翌火曜日を除く)、祝日の月曜の午前9時から午後5時30分まで。

メールでのお問合せの回答には時間がかかることがあります。お急ぎの方は電話かファックスでお問合せください。
なお、すべてのお問い合わせに回答できない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

Copyright © 2005 Hosa Library, City of Nagoya All rights reserved.

ページ終了ページの先頭へ戻る