ページ先頭

蓬左文庫タイトルロゴ

外部リンク:蓬左文庫フェイスブックページ

本文開始

展示案内


殿さまとやきもの―尾張徳川家の名品-青磁浮牡丹花生 徳川美術館蔵

2019年9月15日(日曜日)から11月10日(日曜日)

秋季特別展
殿さまとやきもの―尾張徳川家の名品-

会場
蓬左文庫展示室 徳川美術館本館展示室
将軍家に次ぐ格式を誇った尾張徳川家当主の公私さまざまな場面を飾ってきた陶磁器から、選りすぐりの作品を紹介します。

展示の詳細案内

 徳川美術館に今日収蔵されている陶磁器はもともと、近世大名家で御三家の一であった尾張徳川家に、江戸時代・およそ250年もの間、脈々と受け継がれてきた大名道具です。その基礎となっている初代・徳川義直が父・徳川家康より譲られた茶の湯道具には、室町将軍家伝来の品(「東山御物」)や、織田信長・豊臣秀吉ら天下人の所持した品、また武野紹鷗や千利休ら茶人の所持した品など、当時から「尾張様所持」と世上に知れ渡っていた数々の「名物」道具が含まれていました。それらの道具に加えて、多種多様な会席具や文房具、また尾張藩でとりわけ盛んに焼成された御庭焼などが加わり、近代以降もほとんど散逸させることなく、今日、国内有数と目される大名家伝来の一大陶磁器コレクションを形成しています。このコレクションには、中国・南宋時代に皇帝専用の窯(官窯)で焼成した青磁の水指や、中国・南方の窯で焼成された鉄釉陶器(茶壺や茶入)、また粗製白磁(「鳥の子」)の皿、建窯の鉄釉茶碗、朝鮮半島で高麗王朝時代に焼成された粉青沙器(青磁象嵌)の茶碗、東南アジアの陶製壺(水指や建水)、そして日本・瀬戸窯の鉄釉陶器(茶壺、茶入、茶碗)、美濃窯の白釉鉄絵(志野)茶碗、京都・楽窯の茶碗や、薩摩焼の水指、また尾張藩の御庭焼である楽々園焼・萩焼・御深井焼の陶器類などが含まれています。
 本展覧会では、将軍家に次ぐ格付を与えられた尾張藩主の公的・私的な生活の様々な場面を彩ってきた陶磁器から、これまでほとんど紹介することのなかった作品も含めながら、名品・優品を選りすぐって紹介します。

古瀬戸肩衝茶入 銘 筒井(こせとかたつきちゃいれ めい つつい) 大名物 瀬戸窯

古瀬戸肩衝茶入 銘 筒井 大名物  瀬戸窯

 肩が張る「肩衝」形の茶入です。本作品は尾張家の蔵帳には「御譲(おゆずり)」とあり、徳川家康、または尾張家初代義直から尾張家に受け継がれた道具と分かります。尾張家では最上級の公式な道具である「上御数寄御道具」に仕分けられていました。

桃山時代 16世紀後期

肩衝茶入 銘 本阿弥(かたつきちゃいれ めい ほんあみ) 名物

肩衝茶入 銘 本阿弥 名物

 大形の肩衝(かたつき)茶入で、添えられた伝来書によれば、もともと尾張藩附家老・竹腰正信(竹腰家初代、1591から1649)が京都・本阿弥家から購入し所持していました。尾張家二代光友が本茶入を気に入り、写しの茶入を二つ作って竹腰正晴(竹腰家二代)へ下賜(かし)したため、「代わりに本茶入を献上するように」という内意を汲んで、竹腰家から光友へ献上されました。ところが江戸時代中期、蔵の中で本茶入は他の茶入と紛れてしまったため、竹腰正武(竹腰家五代、1709から59)に命じて同家に下賜された写しの茶入二つを持って来させ、本茶入を同定したといいます。藩の公式な道具のうちの御茶器として仕分けられていました。

桃山時代 16世紀後期

染付唐草文茶碗 銘 荒木(そめつけからくさもんちゃわん めい あらき) 大名物

染付唐草文茶碗  銘 荒木 大名物

 江西省景徳鎮窯製の染付製品を模倣して製作された明時代の粗製の陶器碗です。茶会記に記述される染付茶碗の中で、記述と伝世品とで合致する唯一の茶碗としても重要です。尾張家では家康からの「駿府御分物」として大切にされ、藩の公式な道具の最上級である「上御数寄御道具」とされました。

中国・明時代 16世紀後期

油滴天目(「曜変天目」)(ゆてきてんもく(「ようへんてんもく」)) 大名物

油滴天目(「曜変天目」)

 室町時代では「茶碗」は総釉掛けの碗(青磁碗)、「天目」は土の碗(=土見せのある碗)を指しました。鉄釉の中の金属成分が焼成中に釉表面に斑文として浮かびあがる効果を「油滴(ゆてき)」とよんでいます。その中でもさらに斑文が虹色に輝く場合は「曜変(ようへん)」とよびます。本天目はやや白くみえる斑文が浮かんでおり、「曜変」とはいえませんが、尾張家では「曜変」とよんできました。徳川家康からの遺産目録である「駿府御分物御道具帳」では本茶碗は「やうへん(曜変)天目」と記載しています。尾張家では家康からの「駿府御分物」として大切にされ、藩の公式な道具の最上級である「上御数寄御道具」とされました。

中国・金時代 12から13世紀後期

青磁獅子耳付花生(せいじししみみつきはないけ)

青磁獅子耳付花生

 肩が丸みを帯びて張り、胴中央部から裾へ窄む「梅瓶(めいぴん)形」の花生です。肩部分と獅子面形の耳は無釉とし、中国古代の青銅器風の文様をあらわしています。青磁釉は厚く、貫入(釉上のひび)が全面に入っています。本花生は尾張家の蔵帳・箱書では「高麗琯瑶(かんよう)」とよばれていますが、中国・景徳鎮窯製の青磁です。藩の公式な道具の最上級である「上御数寄御道具」とされています。

中国・明時代 16世紀

青磁香炉 銘 千鳥(せいじこうろ めい ちどり) 大名物

青磁香炉 銘 千鳥 大名物

 尾張家では家康からの御譲りとして大切にされ、藩の公式な道具の最上級である「上御数寄御道具」とされました。また、蔵帳によれば、尾張家八代宗勝の治世に江戸へ移され、当主の身近に置く御側御道具にされましたが、十四代慶勝(1824から83)の治世に再び名古屋へ戻されました。

中国・南宋-元時代 13世紀末期から14世紀初期

青磁経筒形水指(せいじきょうづつがたみずさし)

青磁経筒形水指

 中国古代の玉器「琮(そう)」を象った水指。円筒形の中心部に、型造りの三角柱を四方に付けて四角形となっています。青磁釉は少なくとも二度掛けられたようで、厚く掛けられた部分の貫入(釉のひび)は大きく、薄く掛けられた部分の貫入は細かく入っています。尾張家初代義直の道具であり、尾張家では藩の公式な道具の最上級である「上御数寄御道具」とされました。

中国・南宋時代 12から13世紀 東京国立博物館蔵 重要文化財

塩釉藍彩印花貼付人物文手付水指(「阿蘭陀焼手附水指」)(えんゆうらんさいいんかはりつけじんぶつもんてつきみずさし(「おらんだやきてつきみずさし」))

釉藍彩印花貼付人物文手付水指(「阿蘭陀焼手附水指」)

 胴の側面に、型で別造りした人物文を貼り付け、ロータス文をスタンプで捺し、コバルト青料を塗ったドイツ製のフンペン(飲酒器)を、水指に見立てています。本水指のような精緻な貼付文を用いる「灰色藍彩炻器」はドイツからオランダやイングランドなどへ輸出された高級製品で、オランダ東インド会社では上等な贈り物として日本へ持ち込んでいたと考えられます。 尾張家では藩の公式な道具である「御茶器御道具」とされていました。また、蔵帳によれば、十二代斉荘(なりたか)の治世に江戸へ移されて、斉荘の身近に置く「御側御道具」にされ、斉荘の歿後に再び名古屋へ戻されています。

ドイツ 16世紀末期から17世紀前期

唐物茶壺 銘 松花(からものちゃつぼ めい しょうか) 大名物

唐物茶壺 銘 松花 大名物

 天下の三茶壺の一つとして名高く、織田信長(1534から82)が安土城完成の祝いに贈られた本茶壺に大変喜んだといわれる挿話はよく知られてます。本茶壺は二種類の化粧土の上に灰釉を掛けた、淡く透明度の高い釉調が特徴です。この釉調の壺を古くは「黄清香(きせいこう)」とよんでおり、本茶壺はその唯一の伝世作例です。尾張家では家康からの「駿府御分物」として大切にされ、藩の公式な道具の最上級である「上御数寄御道具」とされました。

中国・南宋-元時代 13から14世紀 重要文化財


蓬左文庫 展示スケジュール表ダウンロード

平成31年度の展示スケジュール:PDFファイル(2.42MB)

Get_Adobe_Readerへリンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧になるにはアクロバットリーダーが必要です。
右のアイコンをクリックしてソフトをダウンロード(無償)してください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

本文終了

ページの先頭へ戻る

フッタ開始

このサイトに関するお問合せ

名古屋市蓬左文庫
〒461-0023名古屋市東区徳川町1001番地
電話番号:052-935-2173/ファックス番号:052-935-2174/電子メールアドレス:info@housa.city.nagoya.jp

応対時間:午前9時から午後5時まで。(休館日を除く。)

休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は開館し、その直後の平日を休館します。)
年末年始 特別整理期間

メールでのお問合せの回答には時間がかかることがあります。お急ぎの方は電話かファックスでお問合せください。
なお、すべてのお問い合わせに回答できない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

Copyright © 2005 Hosa Library, City of Nagoya All rights reserved.

ページ終了ページの先頭へ戻る